読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベイファンとITエンジニアの狭間で

ベイスターズを応援しながら元気をもらう IT エンジニアのブログ

【#Baystars】忘れじのゲーム 1999.5.5 Baystars vs Dragons "始まり,そして若き三浦大輔"

忘れじのゲーム Baystars 三浦大輔

1999年5月5日.僕はきっと忘れることはない.
父親に連れられて,2人の妹と初めて横浜スタジアムで野球を観た日だ.

それまで,東京ドームでの日本ハム戦を観たことはあった.まだ野球がどんなものかもわからない頃だった.
1998年,小学3年生だった自分は,クラスに巨人ファンの友人ができたことから寝ても覚めても野球に熱中するようになった.時はマシンガンを乱射する横浜ベイスターズが首位を駆け抜けていた.僕はベイスターズファンになった.

5月3日は大魔神が降臨して中日を制した.
前日の5月4日は雨で中止.
そしてやって来た5月5日,子供の入場者にロースターの写真が描かれた下敷きが配られた.まだ実家に残っていると思う.

先発投手はエースに登り詰めんとする若き三浦大輔

www.youtube.com

右翼席ポール際に陣取った父親と自分,妹2人.
スターティングメンバーの発表とウグイス嬢の声が聞こえ,席が湧くと,末っ子の妹が「もう終わったの?」と言ったのを憶えている.

遠目で選手の表情なんてわからなかった.
それでも,覚えたての応援歌を歌うのが楽しかった.
自分の座る席の少し右上に佐伯の本塁打が着弾した.
ローズが,駒田がバックスクリーンに本塁打を打ち込んで.
三浦が苦しい場面を迎えた時は,「ふんばれー!」って声援したような,そんな気がする.

後ろに座っている兄ちゃん姉ちゃんが優しくて,一緒に応援してるんだなって思った.
"中日の" ゴメスが流した打球が自分の方に向かってきてヒヤッとしたが,一塁側内野席に切れていった.

そうこうしているうちに負けてしまった.
別段美味しいものを食べたわけでもないし,良いことがあったわけでもない.
それでも,ただただ楽しくてしょうがなかった.


2015年.5月5日に横浜スタジアムに行こうとチケットを押さえた.
あの日と同じ,満員の青空となるか.

中畑清が,4月29日に炎上した高橋尚成の代替となる先発投手は
大ベテランの三浦大輔になるだろうと話したという.
これからローテがずれるかも分からない.雨が降るかもしれない.
でも,どこか期待してしまっている自分がいる.